吸引器はノズルの角度が大事

電動鼻水吸引器の魅力

赤ちゃんは、よく鼻水が出るので、何とかしたいと思うお母さんも多いと思いますが、それを助けてくれるのが鼻水吸引器です。その中でも、電動鼻水吸引器は魅力的です。
赤ちゃんは未熟のため、風邪、アレルギーなどですぐに鼻水が出ます。特に風邪の流行する冬の時期は、ずっとだらだら鼻水が出っぱなしなんてこともあります。それは、赤ちゃんは、自分で鼻をかむことができないからです。鼻水が止まらず、おっぱいも飲めず、苦しい姿を見るとかわいそうになってしまいます。そこで助かるのが、鼻水吸引器、とくに電動鼻水吸引器です。鼻水吸引器には、お母さんが管を使って口で吸う手動型、携帯型、電動型などがあります。やはり、効果が高いのは何と言っても、電動鼻水吸引器です。
他と違う点は、なんと言っても吸引力です。奥にたまった鼻水をきれいに取ってくれます。取ったあとは、赤ちゃんも穏やかにおっぱいを吸うことができます。
一方電動鼻水吸引器のデメリットは、他のものと比べると価格が高いことです。手動型は数百円で販売していますが、電動鼻水吸引器の相場は一万?二万円です。しかし、兄弟がいて何年も使うなど、長期使う予定があれば、初期投資は高いですが、購入する価値はあると思います。子供の鼻水をどうにかしたい!と思う母さんは購入を検討してみてはどうでしょうか?

電動鼻水吸引器を使うときのコツとは

赤ちゃんは、大人と違って鼻の穴が小さく鼻腔が狭いので、鼻水が出るとすぐに詰まってしまします。鼻水を取ることに困ったお母さんに役立つのが、電動鼻水吸引器を使い赤ちゃんにスッキリしてもらうことです。電動鼻水吸引機を利用するにあたり、コツがあります。まずは、ノズルで鼻の穴にフィットするように、鼻の穴をふさぐことです。ノズルと鼻の穴に隙間があると、空気が入り吸引力が下がってしまうためです。
次に、鼻の穴にノズルを入れたまま、鼻水のあるポイントを探します。ノズルの角度や方向の向きを変えながら、吸引を行います。ここで大切になるのは、吸引しておかないとならない鼻水の場所があり、鼻腔の奥に存在する鼻水なのです。しっかりと吸引されていると、赤ちゃんも楽になります。もしも、赤ちゃんが泣いたり嫌がったりしているとき、痛みがあり拒んでいる場合もあります。
無理やり吸引しようとせずに、綿棒でとったりお風呂上がりや鼻を蒸したタオルで温めて柔らかくしたりしてから使うと良いでしょう。最後に、赤ちゃんの頭が動かないようにすることも必要です。なぜなら、ノズルで赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つけてしまい、かえって鼻血をだす可能性が出てしまします。電動鼻水吸引器のコツを頭に入れて、赤ちゃんに対して安全に上手く吸引していきましょう。

新着情報

用途に合わせて使い分けられる2種類の吸引器

電動鼻水吸引器の特徴と選ぶ際のポイント 電動鼻水吸引器とは赤ん坊や幼児の鼻水を吸い取る為の機器で子供の…

もっと詳しく

吸引器はノズルの角度が大事

電動鼻水吸引器の魅力 赤ちゃんは、よく鼻水が出るので、何とかしたいと思うお母さんも多いと思いますが、そ…

もっと詳しく

長期間の吸引器使用は危険

電動鼻水吸引器を上手く使うには? 赤ちゃんの世話をする時にたくさんのアイテムがありますが、電動鼻水吸引…

もっと詳しく

赤ちゃんの辛い鼻炎の救世主

赤ちゃんから大人まで使える吸引器 赤ちゃんから大人まで使える、電動鼻水吸引器にはタイプがあります。持ち…

もっと詳しく