用途に合わせて使い分けられる2種類の吸引器

電動鼻水吸引器の特徴と選ぶ際のポイント

電動鼻水吸引器とは赤ん坊や幼児の鼻水を吸い取る為の機器で子供の鼻水を自宅できちんと吸ってやりたいという人にお勧めです。そんな電動鼻水吸引器を選ぶ際に重視するポイントは吸引力と吸引圧力を調節することが可能かどうかです。
値段重視で購入すると吸引力が弱くて結局買い直したといった人も少なくありません。だから吸引力が強いモノを選ぶことが大切です。ですが吸引力が強く調節する機能がない場合は赤ん坊に使用することは出来ません。なので子供が年齢により圧力調節ができるタイプを選ぶ必要があります。
他にもチェックして欲しい点としては使い勝手の良さ、大きさ、重さ、使用する時の静かさ、手入れのしやすさ、値段を挙げることが出来ます。また電動鼻水吸引器は大別して据え置きタイプ、ハンディタイプの2種類があります。据え置きタイプは大きく、床もしくはテーブルに置いた状態でホースを使用し鼻水を吸引します。ハンディタイプはコンパクトで本体の先端部分に吸入口があり直接鼻に当てて使用します。
吸引力は据え置きタイプの方が強いのは魅力的ですが価格が高いのと場所をとるのがデメリットです。ハンディタイプは安価ですが部品点数が多い分手入れが大変とそれぞれメリットとデメリットがあるのでよく比較検討してどちらを選ぶか決めて下さい。

ママにおすすめ!電動鼻水吸引器とは?

鼻づまりは大人でも嫌なものです。鼻呼吸が難しくなるために口呼吸が多くなってしまい、口が渇いて口臭や虫歯の原因となったり、吸い込んだ空気中の雑菌やウィルスが直接喉に到達したりする為、風邪などの原因にもなり得るのです。特に小さな赤ちゃんへの影響は深刻で、口が開いている時間が長くなることから、舌の位置が下がり歯並びやあごの成長に悪影響が出たり、睡眠時無呼吸症候群を引き起こしたりする可能性が十分考えられます。
大人なら不快な鼻づまりは自分で鼻をかめば解消できるものですが、赤ちゃんの場合は鼻をかむことがまだ出来ないので、辛く苦しい鼻づまりを解消するためにはママだけが頼りなのです。緊急時は赤ちゃんの鼻を口で吸って鼻水を吸い出すことで解消できますが、吸い出す力の加減が難しいので、日常的に行う事はお奨め出来ません。現在は軟らかいシリコンノズルをそっと差し込むことで優しく、赤ちゃんの鼻水を吸い出してくれる「電動鼻水吸引器」が多くのメーカーから発売されています。
価格も小型の携帯型のものが、4,000円代後半から据え置き型のもので15,000~25,000円ほどで手に入りますからこちらを使って赤ちゃんの鼻づまりを解消してあげましょう。取り扱いも電源を入れてそっと鼻の穴に差し込むだけなので簡単です。赤ちゃんの呼吸を楽にしてあげられる、ママの必須アイテムとも言えます。

新着情報

用途に合わせて使い分けられる2種類の吸引器

電動鼻水吸引器の特徴と選ぶ際のポイント 電動鼻水吸引器とは赤ん坊や幼児の鼻水を吸い取る為の機器で子供の…

もっと詳しく

吸引器はノズルの角度が大事

電動鼻水吸引器の魅力 赤ちゃんは、よく鼻水が出るので、何とかしたいと思うお母さんも多いと思いますが、そ…

もっと詳しく

長期間の吸引器使用は危険

電動鼻水吸引器を上手く使うには? 赤ちゃんの世話をする時にたくさんのアイテムがありますが、電動鼻水吸引…

もっと詳しく

赤ちゃんの辛い鼻炎の救世主

赤ちゃんから大人まで使える吸引器 赤ちゃんから大人まで使える、電動鼻水吸引器にはタイプがあります。持ち…

もっと詳しく