長期間の吸引器使用は危険

電動鼻水吸引器を上手く使うには?

赤ちゃんの世話をする時にたくさんのアイテムがありますが、電動鼻水吸引器も使い物になります。ここではこの道具の効率的な使い方について知りましょう。まずお風呂上がりに使用しましょう。サラサラした透明な鼻水ならば、お風呂上りで吸い取らなくても大丈夫ですが、ドロドロしている黄色や緑色の鼻水の場合は、市販されている電動鼻水吸引機の力では吸い出すのが難しいのです。
特に鼻水が奥の方にある時には、鼻水を全然吸い出す事ができないので鼻水がないのではないか、と勘違いします。このような事がないようにお風呂上りに吸い出す事で吸い出しやすくします。お風呂上がりの場合は鼻水に水分がたくさん含まれますので水っぽくなるためです。
水分を多めに摂るようにしましょう。ドロッとしている鼻水に対しては水分を多めに摂る事が大事です。水分を多く摂る事によって鼻水の水気が増えます。それ故吸い取りやすくなるのです。
先端の角度を調整しながら吸引しましょう。ノズルを鼻に刺すだけでは思うように鼻水を吸えない事もあります。この時はノズルの角度を変えてみる事で鼻水を吸いだせるポイントを見つける事ができます。しかし、あまりにもグリグリと動かしてしまうと、鼻の中を傷つける恐れがあるので注意します。電動鼻水吸引器を上手に使うようにポイントを押さえましょう。

電動鼻水吸引器を使う時の注意点

赤ちゃんの鼻水を効率的に吸う事ができるのが電動鼻水吸引器です。しかし、使い方によっては危険にもなります。ここでは使う時の注意点について知りましょう。長い時間の使用はNGです。電動鼻水吸引器は短い時間で連続して使うのが基本になります。もしも、長時間にわたり使うようにすると、ノズルを使い空気を吸い込む際に、空気がなくなり耳を痛める可能性があるからです。また赤ちゃんの粘膜は弱いですから、長い時間にわたり触っていると炎症が起きたり鼻血になったりします。
ノズルを入れない方の穴に気を付けましょう。ノズルを挿入しない側の穴は塞がないようにします。ノズルを入れていない方の穴を塞いでしまうと吸い出す空気の逃げ道が失われるので、耳を痛める事になります。またノズルは深く刺し過ぎる事が無いようにしましょう。深くまで刺し過ぎると鼻の粘膜を傷つけますし、炎症を起こします。鼻水を吸い取る事に一生懸命になり気が付かないうちに鼻の奥の方まで刺し込んでしまう人がいるので気を付けます。
痛がっている時にはすぐに病院に相談しましょう。いつもよりも赤ちゃんが泣く時や痛がっている時には鼻の穴や耳にトラブルを持っている事も考えられるので、使用はしないようにします。電動鼻水吸引器を使う時には注意点は守りましょう。

新着情報

用途に合わせて使い分けられる2種類の吸引器

電動鼻水吸引器の特徴と選ぶ際のポイント 電動鼻水吸引器とは赤ん坊や幼児の鼻水を吸い取る為の機器で子供の…

もっと詳しく

吸引器はノズルの角度が大事

電動鼻水吸引器の魅力 赤ちゃんは、よく鼻水が出るので、何とかしたいと思うお母さんも多いと思いますが、そ…

もっと詳しく

長期間の吸引器使用は危険

電動鼻水吸引器を上手く使うには? 赤ちゃんの世話をする時にたくさんのアイテムがありますが、電動鼻水吸引…

もっと詳しく

赤ちゃんの辛い鼻炎の救世主

赤ちゃんから大人まで使える吸引器 赤ちゃんから大人まで使える、電動鼻水吸引器にはタイプがあります。持ち…

もっと詳しく