赤ちゃんの辛い鼻炎の救世主

赤ちゃんから大人まで使える吸引器

赤ちゃんから大人まで使える、電動鼻水吸引器にはタイプがあります。持ち運びができるタイプを据え置きできるタイプです。持ち運びができるタイプは、どこか遠出をする機会が多い方には、持ち運びがきるタイプの方が使いやすいと思います。小型なので収納場所を考えることもなく、コンパクトです。
据置タイプよりは吸引力は若干弱めみたいです。据置タイプの電動鼻水吸引器は、吸引力にとても優れているので、鼻水をしっかりとすうことができます。ただ、吸引力が強いので、音も結構します。赤ちゃんの場合はこの音でびっくりしてしまうこともあるみたいです。
電動鼻水吸引器をもっていれば、鼻水で赤ちゃんが苦しんでねれないときも自宅で吸引してあげることで、眠りやすくしてあげたりすることができます。小児科や耳鼻科でも吸引はやってもらえるのですが、自宅で手軽にやれると鼻水から病気が悪化することも防げますし、ほかのひとに感染したりする二次感染をふせぐこともできます。
赤ちゃん、子供というのは本当にしょっちゅう鼻風邪をひきます。早めに鼻水吸引をしてあげると、風邪を悪化させなくてすみますし、そこで病状がよくなれば、病院にいかなくても治ってしまうかもしれません。少しの鼻水なら自宅で吸引で充分だと思います。

電動鼻水吸引器の魅力と他との違い

赤ちゃんのなかなか止まらない鼻水を助けてくれるのが、鼻水吸引器ですが、特に電動鼻水吸引器は魅力的です。鼻水吸引器は、主に手動型、携帯型、電動型とありますが、それぞれを比較しながら、電動鼻水吸引器の魅力について説明していきたいと思います。
まず、主導型ですが、これは、管を使って、お母さん型口で吸ってあげるタイプです。ベビー用品専門店やドラックストアなどで簡単に購入することができます。値段も数百円と安価です。しかし、お母さんが口で吸う力を利用するため、色のついたネバっとした鼻水まで吸うことはむずかしいです。また、使い方を間違えてしまうと、鼻水が逆流してお母さん自身が吸ってしまい、お母さんも風邪を引いてしまう可能性もあるので、使い方に気をつけなければなりません。
携帯型は、電池式のタイプが多いので、手動型以上の吸引力はあります。数千円で購入できます。持ち運びができて非常に便利ですが、風邪を引いて鼻水がたくさん出ているような時はあまり外出はしないと思います。なので、効果を求めるなら、やはり電動鼻水吸引器がオススメです。
電動鼻水吸引器は、やはり吸引力が違います。鼻水、鼻くそをきれいに取ってくれます。値段は、約一万から二万円と高いのですが、兄弟がいて数年使用するような場合は、購入するのもいいと思います。鼻水吸引器をうまく使って、少しでも赤ちゃんがラクになってくれるといいですね。

新着情報

用途に合わせて使い分けられる2種類の吸引器

電動鼻水吸引器の特徴と選ぶ際のポイント 電動鼻水吸引器とは赤ん坊や幼児の鼻水を吸い取る為の機器で子供の…

もっと詳しく

吸引器はノズルの角度が大事

電動鼻水吸引器の魅力 赤ちゃんは、よく鼻水が出るので、何とかしたいと思うお母さんも多いと思いますが、そ…

もっと詳しく

長期間の吸引器使用は危険

電動鼻水吸引器を上手く使うには? 赤ちゃんの世話をする時にたくさんのアイテムがありますが、電動鼻水吸引…

もっと詳しく

赤ちゃんの辛い鼻炎の救世主

赤ちゃんから大人まで使える吸引器 赤ちゃんから大人まで使える、電動鼻水吸引器にはタイプがあります。持ち…

もっと詳しく